読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見ず知らずの男性の股間を目の当たりにしたとき

こんにちは。

0〜6歳向けに生きる力をつける幼児教室kids baseの開室準備をしている小柳なつみです。

 

f:id:kids-base:20170206072522j:plain

 

今日は旦那が用事のある場所についていき、終わるのを待つ間私は近くにあった温泉に向かった。

久しぶりの温泉だし、娘はおばあちゃん家にいるためゆっくり入れるしでウキウキしながら入り口をくぐり受付へ。

 

受付付近はかなり閑散としていた。

人が少ないから静かにゆっくり入れそうでいいな、露天風呂貸切で使えるかな、なんて相変わらず前向きだったのだが、受付の女性から、内風呂、露天風呂、展望風呂の3つのうち、露天風呂と展望風呂はこの時間混浴だと伝えられた。

 

混浴...

 

たじろいだ。

 

一体どんな様子なのか、まずは露天風呂をのぞきに行った。

どこで服を脱ぐのかわからず案内のまま進むと突然露天風呂の入り口が現われた。

恐る恐る開けてみると、おじさんが一人いる。

 

うーむ、やっぱりなんとなく気が休まらなそうだ。

 

展望風呂はどうかとのぞきにいくと、入り口を入ったところに脱衣所があった。

なんと、脱衣所から男女共用だった。

戸惑って立ち尽くす私の後ろから一人の男性が入ってきた。

 

「あれ、お姉さんここ初めて?それはびっくりするよね〜。もし着替えるの恥ずかしかったらトイレで着替えてくるといいよ。」

 

そういい終わらないうちに、男性は何事もないかのようにベルトを外し、ズボンと一緒にトランクスを脱いだ。

 

目の前に下半身裸の男性が立っていた。

 

「そうですねー。ちょっと内風呂も様子見てこようかなぁ。」

 

そういって脱衣所を出た。

 

 

ものすごい不快感に襲われた。

見ず知らずの男性の股間を目の当たりにすることがこんなにも不快だということを初めて知った。

 

しかし、こんなに不快に思うことが少し不思議だったりもする。

なぜこんなに不快になるのだろうか。

一つ思い当たるのは、多分彼の股間が普通の状態ではなく元気のいい状態だったからなのかもしれない。

本能的に身の危険を感じて、それが不快感につながったような気もしなくもない。

そういえば、昔テレビでどこかの股間を隠さない民族の映像を見たことがあるが、そのときは特になんとも思わなかった。

男性の股間が普通の状態だったら、なんかもう少しは受け入れられたかもしれない。

 

 露天風呂に入れなかった上にそんなことがあってちょっと残念だったが、不快感と引き換えにブログに書く題材を提供してもらったということで納得することにした。

 

そんな日曜日。